ホーム > 文化教養 > 初めての脱毛シート

初めての脱毛シート

きっかけは、当時の彼と旅行に行くということだった。 それまでは、ごくごく一般的なムダ毛処理として、 脇の下、足くらいしか処理してこなかったし、使っていたのも女性用シェーバーだけだった。 だが、その彼というのが、とても美意識の高い人で、 私に対する体型やファッションに関しても小うるさいのだ。 これはきっと、今まで処理をしたことのない背中を見られたら、引かれるに決まっている。 それでなくても私は結構剛毛だ。 すね毛なんか、処理しなかったら、男らしくなってしまうだろう。 自分ではきちんと見たことがないがきっと背中の毛も男らしいに違いない。悲しいけど。 そこで、私はネットの情報を調べまくり、脱毛シートというものを初めて知った。 よし、シート状になっていれば背中にも自分1人で貼りやすいし、きっとうまくいく! 希望が湧いた私は、脱毛シートを早速近所のドラッグストアで入手し、チャレンジしてみることにした。 よーく注意書きを読んで、早速剥がしてみる。 うん、思ったよりベタベタしている。 私はもっと、頑丈なテープを想像していた。あえて言うならガムテープみたいな。 でもこれは、例えるなら冷えピタ?みたいな。 ふにゃんとしていて、貼る面もぷにぷにしている。 でも、私はこれに賭けているんだ!早速背中に貼ってみる。 効果が楽しみだ!待っている間、剥がした時の想像をして1人にやける。 さて、待ち時間終了。 剥がした時の感動を楽しみにしながら、勢いよく剥がす!! ・・・ん?ない。 なにもついてない。 そして、背中が異常にべたついている。 失敗だ。完全なる失敗だ。 しかもこのベタベタ、専用のリムーバーで拭かないと落ないらしい。 めんどくさい!ベタベタしすぎてリムーバー足りない!! どうしてくれるんだ、これ、1000円くらいしたのに。 そして私は背中の処理と1000円を諦め、 この残りのシートは、速攻ゴミ箱行きとなるのであった。 http://xn--nckg3oobb4313e2oig7cm3otx7cxhzb.com

関連記事

  1. 初めての脱毛シート

    きっかけは、当時の彼と旅行に行くということだった。 それまでは、ごくごく一般的な...

  2. テスト

    テスト記事です。...